FC2ブログ

「最近の記事」

カモの雑種 vol.1 オナガガモ×コガモ

2018/08/19         

オナガガモ×コガモ♂成鳥第二回非生殖羽~第三回生殖羽 16/12/15 鴨川通称「オナガコガモ」。そのまんまな愛称だが、こう呼んでいる。この個体と初めて出会ったのは2016年3月30日の昼下がりのことだった。その時の衝撃は未だに忘れることはできない。自力発見であるということ、通い詰めたフィールドで見つけたという感動があったため、余計にその衝撃は増長されたのだと思う。この組み合わせ自体は前例もしばしばあり(宮島沼、三...

ベニアジサシ 18/8/4 兵庫

2018/08/14         

ベニアジサシ 18/8/4 兵庫ベニアジサシ成鳥 18/8/4 兵庫成鳥幼鳥含め堤防には7,80羽はいたと思われる。沖を飛ぶ個体も含めれば100前後はいただろうか。わずか数日の滞在だったようである。...

内湾と河口 18/8/13

2018/08/13         

キアシシギ 18/8/13 三重県キアシシギ 18/8/13 三重県アオアシシギ 18/8/13 三重県先日まで続いた灼熱はやや和らいだだろうか。久々に訪れる外海の浜辺はシギチドリの数が少ない。そんな中でもケリ、シロチドリ、メダイチドリ、ムナグロ、ダイゼン、トウネン、ミユビシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、アオアシシギ、コアオアシシギ、イソシギ、タカブシギ、キョウジョシギ、ダイシャクシギ、ホウロクシギ、ミヤコドリを確認した。...

晩夏へ

2018/08/02         

ここ数日の盛んな夏の暑さに立秋の気配など感じることはできない。8月に入ったところで重苦しい暑さは相変わらず、まるで暦が足踏みをしているかのようだ。この身の危険さえ感ずる盛夏に求むは秋の涼である。しかし、実際は一週間足らずで立秋なのである。7月下旬よりオオジシギが確認され始め、やはり鳥の暦は確実に進んでいる。迫るカモ類をはじめとした水鳥の気配には心が躍る。やはり毎年秋のカモには少々あたふたさせられる。...

台風12号 18/7/29 琵琶湖

2018/07/31         

猛暑の折、鳥も少ないうえ中々野外へと足が向かないところである。今季は鳥以外の生き物にも目を向けているが、それでもこの暑さは堪えるものがある。酷暑の最中、恒例の台風が発生した。小笠原近海を通過し、異例とも言える本州西進コースをとりやってきた。滋賀県上空を通過するとの予報に心穏やかにはいられない。ここ数年の中でもかなり海鳥迷行を期待できるコースに事前準備を伴い琵琶湖へ。観察地:大津市下阪本時間:4:30-7:3...